子供の仮性近視の治療法・回復法・トレーニング法

仮性近視は眼科で治療することもなく、


視力回復センターに通うこともなく、


自宅で1日数分の簡単なトレーニングをするだけ治すことができます。


一流のプロスポーツ選手も採用している視力アップ法とは?


長時間のゲームやパソコン

 

長時間近くでものを見るという中で、

 

ゲームやパソコンというのは代表的なことではないでしょうか。

 

 

仮性近視は子供のものと以前は思われていましたが、

 

最近では大人の仮性近視も増えてきています。

 

 

これには、仕事などでパソコンを使う人が急増し、

 

目を酷使しているケースが多くあります。

 

 

しかも仕事中ですから、

 

かなり長時間使用していることが関係しています。

 

 

一定時間パソコンを使ったら、目を休めることと決められていても、

 

なかなかそういうことはできませんよね。

 

 

ゲームやパソコンというのは、画面からの刺激も強く、

 

ただ見ているわけではありません。

 

 

めまぐるしく動く画面は、

 

かなり目に負担をかけているのです。

 

 

パソコンを使うと、目が疲れるから時々休んでいるといっても、

 

そうした状態が長く続くと、水晶体を調節する筋肉が凝り固まってしまって、

 

疲れが取れなくなるのです。

 

 

もちろん、大人の場合には、パソコンを使うことで

 

必ず仮性近視や視力が低下するというわけではありません。

 

 

そして、大人よりも子供のほうが、

 

目を休ませることが苦手です。

 

 

ゲームやパソコンは、ついつい夢中になってしまうので、

 

仮性近視にもなりやすいと言えます。

 

 

特にゲームなどは、途中でやめることが難しいですから、

 

気がついたら長い時間目を使いすぎてしまった、なんてことになるのです。

 

 

そんな状態が続くと、仮性近視が本当の近視になってしまう可能性もありますから、

 

注意したものですね。

 

小学生の視力回復に効果があるトレーニングキットはコチラ!

 


FXってなんなの?