子供の仮性近視の治療法・回復法・トレーニング法

仮性近視は眼科で治療することもなく、


視力回復センターに通うこともなく、


自宅で1日数分の簡単なトレーニングをするだけ治すことができます。


一流のプロスポーツ選手も採用している視力アップ法とは?


長時間近くで物を見る

 

仮性近視の原因として一番多いのが、

 

長時間近くで物を見ることです。

 

 

私が子供のころは、漫画や本を読む時に、

 

目を近づけすぎると目が悪くなるといわれ、

 

母親にはかなり注意をされました。

 

 

近くを見る時間が長くなったら、その分遠くを見れば、

 

目を休めることができるとわかっていても、

 

子供というのは、夢中になっていることを優先させてしまうので、

 

仮性近視にもなりやすいと言えます。

 

 

さらに、私の子供のころとは違って、

 

目を使いすぎるのは読書だけではありません。

 

 

様々なテレビ番組が多く、気づかないうちに

 

近くでテレビを見てしまっていることもあるでしょう。

 

 

また、最近ではゲーム機や携帯電話など、

 

目を使いすぎる原因となるものが、かなり多くあります。

 

 

特に、ゲーム機は一度始めると、なかなかやめることができず、

 

長時間目を使ってしまいます。

 

 

子供の場合、目が疲れているという実感もあまりないでしょうから

 

目を休ませることを忘れてしまいがちです。

 

 

子供の仮性近視は、親がゲーム機などの使用時間に気をつけて、

 

時間を決めて使わせるのが無難です。

 

 

その後の目を休ませる時間についても、

 

親がしっかりと確保するべきですね。

 

 

仮性近視は目を使いすぎるから起こるのだと子供に説明したところで、

 

ピンとくるはずはありませんから、そのあたりは親がうまくコントロールしましょう。

 

小学生の視力回復に効果があるトレーニングキットはコチラ!

 


FXってなんなの?