子供の仮性近視の治療法・回復法・トレーニング法

仮性近視は眼科で治療することもなく、


視力回復センターに通うこともなく、


自宅で1日数分の簡単なトレーニングをするだけ治すことができます。


一流のプロスポーツ選手も採用している視力アップ法とは?


近視の種類

 

一言で「近視」といっても、種類があることをご存知ですか?

 

「近視=物が見えにくい」ことですね。

 

 

この近視には、「屈折性近視」、「軸性近視」、

 

「偽近視」、「核性近視」があります。

 

 

屈折性近視とは、水晶体や角膜の屈折率が強すぎて、

 

ピントを合わせることができず、物が見えにくい状態です。

 

 

近い距離でものを見続けるなど、

 

目を使いすぎることで近視になってしまうのが屈折性近視で、

 

近視の種類の中では、最も多い症状ですね。

 

 

また、軸性近視は、眼球が長くなって、

 

ピントが合わせにくい状態です。

 

 

眼球が成長しきれていない時期に近くの物を見続ける状態が続くと、

 

軸性近視になってしまうケースがあります。

 

 

さらに、軸性近視は、遺伝による要素があるので、両親が軸性近視だと、

 

その子供に遺伝してしまう可能性が高くなります。

 

 

そして、仮性近視は医学的には「偽近視」とも言われ、

 

近視とは別のものとして考えられています。

 

 

偽りの近視ということで、本当の近視ではない、

 

つまり治すことができる近視なのです。

 

仮性近視については、この後も詳しくお話していきますね。

 

 

そして、最後の「核性近視」ですが、

 

これはあまり耳にしたことがないかもしれません。

 

 

核性近視とは、歳をとってから、白内障などの目の病気が原因で、

 

近視になってしまうことを指します。

 

 

若いうちは、核性近視になることはまずありませんね。

 

小学生の視力回復に効果があるトレーニングキットはコチラ!

 


FXってなんなの?