子供の仮性近視の治療法・回復法・トレーニング法

仮性近視は眼科で治療することもなく、


視力回復センターに通うこともなく、


自宅で1日数分の簡単なトレーニングをするだけ治すことができます。


一流のプロスポーツ選手も採用している視力アップ法とは?


仮性近視とは?

 

近視というのは、いわゆる視力が悪くなった状態ですね。

 

私たちの眼というのは、角膜や網膜、水晶体といった部分で、物を見ていますが、

 

この調節がうまくいかないと、視力が低下してしまいます。

 

 

特に、子供の目は、水晶体の屈折を調整する毛様体筋の力が強いので、

 

目を使っているうちに、その毛様体が緊張して、

 

近視と似た状態を引き起こしてしまいがちです。

 

 

これが「仮性近視」です。

 

 

簡単に言えば、目を使いすぎて目が疲れてしまい、

 

一時的に物が見えにくい状態のこと、と思って頂ければいいでしょう。

 

 

医学的には仮性近視を偽近視または調節緊張性近視とも呼ばれ、

 

完全な近視とは、分類を分けて考えられています。

 

 

一時的に見えにくい状態ですから、

 

そう呼ぶのかもしれませんね。

 

 

私も今はメガネのお世話になっていますが、子供のころ視力が悪くなり、

 

眼科で「仮性近視」と診断されたことを覚えています。

 

 

仮性近視は、テレビやパソコンなどで目を酷使するのが原因と言われていますが、

 

子供の場合には、ゲームのし過ぎということも大きな問題となっています。

 

 

以前よりも子供の仮性近視が増えたのは、様々な種類のゲーム機の普及が、

 

原因だとも言われています。

 

 

仮性近視とはいえ、本当の近視に移行するケースもありますし、

 

それが隠れている可能性もあります。

 

 

子供の仮性近視の場合には、

 

周りがいち早くその状態に気づくことが大切です。

 

小学生の視力回復に効果があるトレーニングキットはコチラ!

 


FXってなんなの?